お金を借りてすぐ返す流れ|無金利なら本当に利息0円?

 

予定外の急な出費・・・

 

「初めてカードローンを借りるんだけど、すぐに返済すればデメリットはないよね?」

 

そんな疑問に対する答えをまとめました!

 

借りたお金をすぐ返済できるなら無金利・無利息のカードローンがおすすめ

 

お金を借りると元金(借入した金額)と実質年率に応じた利息が発生します。
1ヶ月の利息は小さくても、何ヶ月、何年も完済までにかかると利息だけでも大きな額になってしまうこともあります。

 

もし、急な出費で現金が必要になってお金を借りなければいけない、という場合には「無利息サービス」のあるカードローンがおすすめです。

 

初めての借入で条件を満たせば一定期間は利息が発生しません。
つまり、その無利息期間中に返済すれば利息は一切かからず、借りた金額だけの返済で良いのです。

 

 

すぐ借りてすぐ返したい人におすすめのカードローン

 

予定外の出費でお金が必要だけど、すぐに完済できるという場合には銀行ではなく、消費者金融のカードローンを選びましょう。

 

消費者金融のカードローンは、借入までも早い上、無利息サービスがある金融機関が多いのが特徴です。

 

【無利息サービスのあるカードローン】

  • アイフル
  • アコム
  • プロミス

 

 

お金を借りてもすぐに返せば信用情報に悪影響はない?

 

金融機関からの借入・返済に関する情報のことを信用情報といいます。

 

各金融機関は信用情報機関に加盟しており、信用情報は別のカードローン会社にも共有されています。

 

いわゆる信用情報に傷がつく、ブラックリストに載るといった状態とは次のようなケースを言います。

【金融事故の例】

  • 延滞/滞納をしたとき
  • 債務整理をしたとき
  • 代位弁済が行われたとき
  • 強制解約になったとき

 

カードローンの申込みについても信用情報として記載はされますが、基本的にはカードローン/クレジットカードの契約、その他の融資(住宅ローン・自動車ローンなど)の審査に悪影響はありませんので心配は不要です。

 

加えて、信用情報機関での情報を保持している期間は決まっており、カードローンの申込情報に関しては6ヶ月となっています。
滞納や債務整理などのマイナスになる情報は数年間に渡って記載が残りますが、そのようなことがなければ気にする必要はないでしょう。

 

完済したカードローンは解約すべき?

 

借りたお金を無利息期間内に完済すると利息はかかりません。
ただ、1点だけ注意したいのが「完済=解約」ではない、ということです。

 

カードローンは契約期間中なら決められた限度額内で借入を繰り返し行うことができます。
つまり、またお金が必要になっても再契約、再申し込みをする必要がないということです。

 

これはカードローンのメリットの1つでもありますが、解約されていないことがデメリットになるケースもあります。

 

例えば、自動車ローンなどの高額融資の審査を受ける場合です。
解約されていないカードローンはいつでもお金を借りることができるため、契約中のカードローンの限度額を考慮した上で他の借入の審査が行われるのです。

 

住宅ローンや自動車ローンなどの高額になる融資の審査の前には、今後使わないカードローンがあるなら解約しておくほうが良いでしょう。

お金借りる すぐ返す

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

お金を借りてすぐ返す流れ|無金利なら本当に利息0円?関連ページ