運転免許証なしでもお金を借りたい!代わりになる書類一覧

カードローンでお金を借りるには、運転免許証などの本人確認書類が必要です。

 

免許証がない場合でも、他の本人確認書類を使うことで契約が可能となります。

 

ただ、健康保険証のように顔写真がない場合には注意が必要。
保険証に加えて、別の書類も提出しなくては行けない場合があるのです。

 

 

運転免許証なしでお金を借りる方法、運転免許証の代わりになる書類、別途書類が必要なケースについて説明していきますね。

 

 

運転免許証なしでも借りられるカードローン

 

本人確認書類の中でも、運転免許証は顔写真がついていること、各自治体の公安委員会が発行していることなどから信頼性が高いものと考えられています。

 

ただ、カードローンを契約するには運転免許証が必須というわけではありません。

 

大手消費者金融が運転免許証以外で本人確認書類として認めている顔写真ありの書類は次の通りです。

 

【運転免許証以外の本人確認書類(顔写真あり)】

カードローン 免許証以外の本人確認書類
アイフル パスポート、住基カード、マイナンバーカードなど
アコム パスポート、マイナンバーカードなど
モビット パスポート
プロミス パスポート

 

健康保険証だけでは借りれない?別の書類も必要になるケース

 

運転免許証を持っていない方の中には、代わりに保険証を身分証として使っているという人も多いと思います。
カードローンの契約でも保険証は有効なのですが、顔写真がない保険証のような本人確認書類の場合には、別の書類の提出も必要になります。

 

例えば、保険証に加えて

  • 年金手帳
  • 戸籍謄本(抄本)
  • 住民票
  • 住民票記載事項証明書
  • 公共料金領収書
  • 納税証明書

等です。

 

運転免許証や保険証と違い手元になく、発行が必要な書類の場合には時間がかかってしまう点には注意しましょう。
また、有効期限のない書類に関しては発行から6ヶ月以内などの条件があるので、金融機関ごとに確認してください。

 

本人確認書類以外に給与明細が必要になるケース

 

借入の条件によっては、本人確認書類(運転免許証など)以外にも提出書類が必要なケースがあります。

 

その1つが給与明細、源泉徴収票などの収入証明書類です。
総量規制という法律によって、次の条件に当てはまる場合には給与明細などの収入証明書類の提出が求められます。

 

  • 1社から50万円を超える借入限度額で契約をする場合
  • 複数社からの借入限度額の合計が100万円を超えるような契約をする場合

 

収入証明書類の提出が必要になるケースについては、「お金を借りる時に源泉徴収票が必要・不要なケースと提出するメリット」で詳しく説明しています。

お金借りる 免許証なし

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

運転免許証なしでもお金を借りたい!代わりになる書類一覧関連ページ