お金を借りるのに保証人は必要?不要?-保証人とは?-

日常生活の中では緊急性の高いお金が必要になる機会も多いものです。食費や生活費、子供の教育費、夫の仕事にまつわる交遊費などでまとまった金額の出費が舞い込んでくる場合もあるでしょう。さらに自分の趣味や家族一緒に出掛けるレジャーや旅行の費用などで出費を余儀なくされることもあります。そんな時にお金が足りなくなったなら、消費者金融でお金借りると便利にピンチを切り抜けることができるでしょう。特に消費者金融ではカードローンやキャッシングといった手法でお金借りると、保証人を立てることなく契約できて便利です。銀行や消費者金融には様々な融資方法がありますが、これらのカードローンやキャッシングは比較的少額の規模の融資にとどまっている関係上、保証人なしでも自己責任にてお金借りる手続きを踏むことが可能なのです。それゆえ借り入れに伴って誰か近しい人に迷惑をかけたり、不安を与えるようなことは一切ありません。カードローンだと一枚の個人カードを発行するだけでATMから自由に融資金を引き出すことができます。一方のキャッシングは希望する融資額を銀行の預金口座に一括にて振り込んでもらえます。いずれも即日審査、即日融資が可能で、ここまで素早くて続きができるのも保証人のサインなどを必要としない契約手続きだからです。その代わり、申請の際には申請者自らの身分証明書や年収証明書の提示が欠かせません。これらによってきちんと借りた分だけの返済能力があることが認められた場合に限ってお金借りることが認められるのです。カードローンなど消費者金融では、お金借りる際には保証会社の保証で済ますことがほとんどですが、それ以外で一般の会社などにお金借りる際には通常保証人をたてることが多いです。この保証人も二つの形式がありますが、その内容は比較するとかなり違うものになりますので、もし保証する立場になったら注意したほうがいいです。では、その保証人の二つの形式とは何かといいますと、連帯保証と普通保証です。その差異は、お金借りるとき連帯保証は債務者の返済の遅滞があった場合、債務者に返済の請求を経ずに連帯保証人に直接請求できますが、普通保証は保証人は、まず債務所に返済の請求をしてから請求するように債権者に求めてことができ、また債務者に返済できるだけの引き当ての財産があることを証明できれば、まずその引き当て財産に関して、請求の手続きをするように抗弁できます。名称が少し違うだけでもその内容は大きく違います。連帯保証は全部の債務を連帯して保証するいということになりますが、普通保証はそうではなく、通常は保証人が負担する限度を決めることで保証する立場をとります。ですので債権者にとって確実に債権回収に有利なのは、連帯保証でお金借りる契約書には、必ずと言ってもいいくらい連帯保証として締結を求めてきますので注意です。このような契約書の僅かなに見える文言の違いでも、法律上の有利不利がありますので、保証人になる際にはよく考慮して行うべきです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

お金を借りるのに保証人は必要?不要?-保証人とは?-関連ページ