個人事業主がお金を借りるには?【簡単ガイド】

自営業や個人事業主の人は会社に雇用されているわけではないので、正規雇用の人に比べると金融会社からの融資が厳しいことがあります。しかし、これはかなり大きな金額を希望する場合でない限りはあまり気にする必要はありません。まず、金融会社へ申し込みをするときは収入証明が必要となりますが、個人事業主や自営業の人は確定申告を用意すればよいです。年間としてしっかりと利益が上がっているなら、確定申告から返済能力を示すことができます。このようにして自営業や個人事業主の人がお金借りるために金融会社へ申し込むと、後は書類からどのような判断が下されるのかを待つだけです。借入を希望する金額が小さいなら、返済能力が低いと判断される場合でも融資を受けやすくなります。お金を借りるために申し込める金融会社はかなり多いです。一般的に個人事業主や自営業の人は申し込める金融会社の数がかなり限られていると思っている人がいますが、そんなことはありません。銀行でも消費者金融でも好きな会社を選ぶことができます。お金を借りるために結局ポイントになることは年収、つまり返済能力です。もちろん、信用や他社借入なども重要な要素ですが、これは誰にとっても共通事項です。正規雇用の人よりも、年間でかなり大きな収益を上げている人のほうがお金を借りやすいことは間違いありません。事業の成功によってかなり収益が変わってくるので、大きな金額を借りるときは審査が厳しくなりやすいです。 個人事業主の人や自営業の人はお金を借りるときになかなか良い申込先を見つけることができないことがありますが、そんなときは銀行へ申し込みましょう。基本的に1000万円など、かなり大口な融資を受けるつもりでないならば、キャッシングやカードローンを選んで、銀行へ申し込みをすれば個人事業主や自営業でも簡単にお金を借りることができます。まず、何故に個人事業主や自営業はお金を借りることが難しいことがあるのかと言うと、それは事業の成功次第で大きく収入が変わり、突然事業がうまくいかなくなるケースも想定されるため、会社に雇用されて給料が約束されている人に比べるとお金を借りることがやや厳しいというわけです。しかし、銀行のカードローンやキャッシングの場合は収入証明を提出しなくても申し込めるところがあり、この場合なら車の運転免許など身分証明があれば申し込めます。収入証明がいらないと書類から返済能力をチェックされることがないため、簡単に審査に合格することができます。今ではこの収入証明が不要で申し込むことができるカードローンやキャッシングはよく見かける商品となっているので、インターネットから探すとさまざまな銀行において簡単に発見することができます。個人事業主でも自営業でも、またはアルバイトやパートでも、収入が不安定とみなされやすい人は銀行の収入証明なしのカードローンやキャッシングがねらい目なことを覚えておきましょう。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

個人事業主がお金を借りるには?【簡単ガイド】関連ページ