外国人必読!【外国人がお金を借りる方法】

手持ちのお金が無くて預金も少ないような時期に、急にお金が必要な事情が生じた時に、消費者金融や銀行などからお金借りることを考えるのは、外国人も同様です。では、外国人が銀行や消費者金融などの金融会社からお金借りる場合には、どのような条件が必要とされるのでしょうか。外国人がお金借りる場合に、定職に就いていて十分な収入を安定して得られているかが重要となるのは日本人がお金借りる場合と同様です。ただし、外国人の場合は、永住権が取得済みであることが要件として加わっている金融会社が多いです。そのため、外国人が日本の金融会社で自由にお金を借りられるようにするには、まずは日本で十分な生活基盤を整えて、法務省から永住許可を得ることから始めていかなければならないでしょう。また、外国人がお金借りるために金融会社に申し込みをしたときには、日本人がお金を借りる場合と同様に本人確認書類や収入証明書類、資金使途証明書類が必要となります。ただし外国人の場合、本人確認書類については運転免許証やパスポートに加えて、在留カードや特別永住者証明書も本人確認書類として利用することができます。しかし、前述の通り永住許可を得ていることが条件となっていることから、在留カードについてはカードの在留資格の欄に永住者と記載されていなければなりません。一方、特別永住者証明書については、所持しているだけで永住資格があることの証明となるので、記載内容について特に注意すべき点はありません。外国人であっても当然ながら日本で生活をしている以上は、時にはお金がなくなってしまうという事があります。そういうときにはお金借りる手段として、カードローンなどを利用する事になるのですが、申し込む前にそもそも申し込みができるのかと疑問になるのではないでしょうか。基本的には外国人であっても申し込みをする事は可能なのですが、中長期で滞在しているかというような証明書などが必要になりますし、他と同じように安定収入があるかどうかや総量規制なども適用されるので、その点も踏まえた上で申し込みをしなくてはいけません。また、お金借りる時には日本語が理解できるかというのも非常に重要なファクターとなりますから、ある程度は勉強をしておきましょう。ただし、短期で旅行に来た外国人の場合はお金借りる際に申し込みをしても審査落ちする可能性が高いので、あくまで日本に在住している外国人という風にイメージしておきましょう。それでも何とか借りられないかと思うのであれば、利用をしてみたい会社に電話などで問い合わせをしてみましょう。特に問題がない外国人であれば、各会社の簡単な診断を利用してから申し込みをするとその後の手続きもスムーズになります。お金を必要な状況が出来てしまうのは外国人であっても変わりありません。利用できる会社はどこなのか事前に調べた上で、必要な書類などを提出できるようにしてから申し込みをしていくようにしてみて下さい。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

外国人必読!【外国人がお金を借りる方法】関連ページ