【お金を借りるには】※初めての方必見!

お金を借りるには消費者金融や銀行に申し込みを行う必要があります。ただ、申し込みを行う際には無条件で融資をしてくれるわけでは無く、安定した収入がある事が前提条件であり、その上で審査を行って無事に審査を通過する事が出来た場合にお金を借りる事が出来ます。安定した収入というと正社員を思い浮かべる人もいますが、何も正社員でなくても派遣社員や契約社員、あるいはパートやアルバイトでもお金を借りる事は出来ます。審査を行う際には審査基準や審査内容は業者によっても異なりますが、年収や勤務先、勤務年数、他社での借り入れ状況などが調べられます。また、提出書類として身分証明書が必要となる他に、収入証明書の提出が求められる場合もあります。銀行と消費者金融では銀行の方が金利が低い傾向があるために、返済の事を考えたら銀行のカードローンを利用する方が出費を抑える事が出来ますが、消費者金融の方が金利が高い傾向がある代わりに審査基準は甘い傾向があります。そのために、銀行に申し込んでもなかなか審査を通過できない場合には、消費者金融に申し込んでみた方が良いです。銀行と消費者金融のその他の違いとしては、総量規制の対象であるかどうかという違いもあります。消費者金融の場合は貸金業者になるために貸金業法を守る必要があり、総量規制の対象となって年収の三分の一を超える融資は基本的には行う事が出来なくなっています。それに対して銀行は貸金業法が適用されないために、総量規制の対象とはならないです。収入がゼロならば、お金を借りることはできません。一部には配偶者に安定収入があれば貸してくれるローンもありますが、ほとんどのローンは原則として本人に安定年収があることが借入条件となります。お金を借りるには、借りたい金額の3倍の年収が必要です。消費者金融で150万円を借りたいならば、最低でも年収450万円が必要となります。お金を借りるときは、審査で勤続年数がチェックされます。勤続年数は安定収入を判断する一要素となるもので、年数が長いほど収入が安定していると判断されます。お金を借りるには2年以上の勤続年数が好ましいですが、1年程度でも貸してくれる金融機関はあります。勤続年数が短い方は、借りる前に金融機関側に確認しておくべきです。商品概要には記載していなくても、融資不可となる条件は存在します。パート、アルバイトは不可と記載していなくても、実際に申し込むと不可だと伝えられるケースはあります。疑問があれば審査を受ける前に確認しておきましょう。年収に関しては、それほど多くは求められません。キャッシングやカードローンの多くは、非正規雇用の方も融資対象としています。年収200万円程度あれば借りることができる場合が多いです。ただし、低金利ローンに関しては審査条件がシビアなので、無理な借入額を設定するのは避けましょう。消費者金融と比べて、銀行や信用金庫は審査がシビアになっています。高額融資を受けたい場合は、消費者金融のほうが審査通過率は高いのが普通です。"

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

【お金を借りるには】※初めての方必見!関連ページ