フリーターでもお金を借りることはできる?【体験者が語る】

現代の日本社会では便利にお金を借りることのできるローンサービスが数多くあります。そして、それらのローンサービスを上手に使いこなすことで、万が一の場合が起きても安心して乗り越えることができると考えられるのです。現代人は急な出費を強いられることも少なくはなく、そのような場面において速やかにお金を準備できるか否かで、その後の人生に大きく影響する場合もあるのです。例えばカードローンを持っていれば、急に現金が必要となった場合でもコンビニに駆け込んですぐにお金を用意することができます。カードローンのような利便性の高いローンを持っておいて損はないと考えられるのです。しかしながら、カードローンを契約するためには各金融機関が定める審査を通過する必要があり、その条件の一つに正社員として会社勤めをしていること、という条件は多く含まれています。フリーターや契約社員といった立場で仕事に従事している人がカードローンでお金を借りることは難しいと考えられるのです。フリーターや契約社員といった正社員でない人でも借りることのできるカードローンは存在するのでしょうか。楽天銀行やセブン銀行、イオン銀行といった大手ネット銀行のカードローンであれば、フリーターや契約社員でも申し込みをして利用することができます。これらのネット銀行は、利用限度額が一定額までであれば、原則として所得証明書類の提出が不要となっており、フリーターや契約社員、主婦などの非正規雇用でも申し込みが可能となっているのです。これらの金融機関で申し込みをして、カードローンを便利に使いたいですね。フリーターや契約社員が金融機関からお金を借りる際は審査などで一般企業に勤めている人に比べると厳しくなってしまうことが多いです。家がほしくて、自分で積み立てたローンの審査を依頼しても思うように通らなかったり、車の購入に際してお金が必要になり、借りる際も厳しく言われたりするなど様々な障壁が出てきます。まずはこのような障壁を乗り切る為に、フリーターや契約社員の方は一定年数の一般企業での社員経験が必要です。一般企業の社員を経験しておくことで、金融機関から信頼を得ることが出来るからです。次に余分な借金をしないことです。借金が見つかると金融機関は怪しい目で本人を見ますので、金融機関でお金を借りる際は借金が無い状態で行くことを心掛けることです。また、フリーターや契約社員の年数が長いとそれだけ障壁が大きくなってしまうので、出来るだけ定職にありついて一刻も早く契約社員やフリーターから定職者へ上がることが求められます。お金を借りることは失敗すると本人の社会的信頼失墜にも繋がりかねませんので慎重に行っていくことが求められます。返済期間が延びるとそれだけフリーターや契約社員という身分だけで、貸与が無くなってしまったりすることもありますので、フリーターや契約社員は定職者以上に貸与を受けた場合は慎重に行っていくことが大切です。乗り越え方としては何としても毎月分の返済額を確保すること、そして返済期間を何としても守っていくことが乗り越え方と言えます。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

フリーターでもお金を借りることはできる?【体験者が語る】関連ページ