ヤミ金からお金を借りるのは危険?【借りる前に!】

数年前に、貸金業規制法が大幅に改正され貸金業法と変化しました。それに伴い、出資法と利息制限法の金利運用が明確化された上に、総量規制という制度が導入され、原則として年収の3分の1以上の借入はできないというルールが作られたのです。この制度は賛否両論ですが、消費者金融からお金を借りる時のトラブルで破滅する人は激減した為に、一定の効果がある事は確かです。ですが、資金需要者にとって希望した金額よりも少ない融資額で我慢せざるを得ないという現実もあり、そのようなお金に困っている人を狙ってヤミ金が跋扈しはじめているのです。ヤミ金という言葉は昔からありました、ヤミ金は、お金を借りると10日で5割の金利を請求してきたりと、お金に苦しむ人をさらに苦しめようとする悪質な業者です。大手の金融業者からは借り難いという人が小口の会社を探す場合などを狙っており、素人が見てもどの業者がヤミ金か見分けが付き難いので気が付かないうちにトラブルに巻き込まれるケースもあります。そこで、お金を借りる時にどの業者が安心できるか判別する方法を二つ紹介します。一つ目は業者の広告を見た際に携帯電話などの番号でないかをチェックする方法です。貸金業者は固定電話でなければ登録する事ができず、広告の連絡先が携帯電話のみの標記となっている業者はヤミ金である可能性が高いと言えます。二つ目は、財務局などに記載されている登録貸金業者の一覧を照会する事です。名簿に掲載されていない貸金業者から借りるのは非常にリスキーな行為だと言えます。ヤミ金は、主に法外な金利でのお金の貸し付けを行っている業者のことを指します。また日本の貸金業法では、貸金業を営む場合には登録制となっており、この登録を行っていない無登録貸金業者もヤミ金に含まれます。一般には、お金を借りるのであれば金融機関や消費者金融などを利用することになりますが、返済能力に関する審査があり審査に通らなければ利用することができません。一方で、ヤミ金業者はそのような審査は行わずにお金を貸し付けるため、お金を借りるといったことに慣れていない人が、誤って手を出してしまうことがあります。また借入額が多かったり債務整理中などの理由で金融機関や消費者金融などから借り入れが困難になった人が、あえてヤミ金に手を出す人もいます。ヤミ金からお金を借りると、法外な金利が取られますが、一応のルールとしてトイチなどの言葉が知られます。トイチは十日で一割の意味で、この時点で法律違反の金利を取っていることになります。ただしヤミ金の中ではトイチは良心的と言われるほどでトニ(10日で2割)、トサン(10日で3割)、トヨン(10日で4割)、トゴ(10日で5割)などがあり、さらにカラス金と呼ばれる1日で1割というものもあります。ヤミ金といっても、お金を借りても期日までに返済すれば暴力的なことは受けることはないとされますが、返済が滞った場合には暴力的な取り立てが行われるとされます。なお、現在の法律では法定の上限金利以上の利息を支払う義務はありませんが、トイチなどの貸し付けを行うことじたいが不法原因給付とみなされ、利息および元本も返済する義務がないとの判例が出ています。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

ヤミ金からお金を借りるのは危険?【借りる前に!】関連ページ