お金を借りる条件は?※初めてお金を借りる方必読!

お金を借りるときに金利が低い方が有利だというのは当たり前のことです。しかし、低金利のサービスは誰でも利用できるわけではなくて、人によってはかなり高い金利で借りなければならないこともあります。金利そのものは法律で上限が定められていますが、その上限はそれほど低くはありません。低金利で借りようと思ったのなら、そのための条件を把握しておくことは必要でしょう。低金利でお金を借りるための条件を一言で言うと、返済能力が高いことです。返済能力が高い人に対して、金融機関は積極的に融資を行ってくれますから、金利を引き下げてくれることが多いです。返済能力が高いかどうかは金融機関が判断しますが、一定の傾向はあり、いろいろな方法で金利を下げることはできます。その一つがお金を借りるときに担保を設定することです。キャッシングなどのサービスでは担保を設定しなくても借りられます。しかし、この場合には金利が高くなってしまうことが多いです。10%を超えるような高い金利が設定されることが多いのは、無担保の融資だからだと考えられます。不動産など、担保価値のある資産を持っているのであれば、それを担保にすることによって返済能力を高めることができるでしょう。それによって金利を低く設定できるわけです。不動産担保ローンなどでは条件は厳しくなりますが、キャッシングなどの無担保の融資と比べると、圧倒的に金利を低くでき、有利に借入ができます。お金を借りる条件は本人の利用であること、そして安定した収入です。本人の利用については運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の提出が必須となります。総量規制の制限に該当せず、収入証明書の提出を必要としない場合であれば、この本人確認書類だけでお金を借りることができます。審査の内容によっては保険証の提出を求められることがあります。これは審査の時間・曜日にもよりますが、在籍確認の代わりとして保険証の提出で代用することがあります。この他、給与明細で在籍確認をとる場合もあります。お金を借りる条件で利用可能額に直結するのが収入です。収入は安定度を重視し、高収入が好条件とならない場合があります。収入の安定度の目安は他の属性、申告した情報でも分かることがあります。それは勤続年数や居住年数などであり、いずれも年数が長いほど生活が安定している、すなわち収入の変動もなく、返済能力が証明できるということになります。また、住まいについては家賃も重視されることがあります。家賃は毎月支払う生活費の中の固定費です。この家賃と収入のバランスから可処分所得、引いては返済に充てられる金額をみていることがあります。審査の基準は同じでも、利用者の属性はバラバラですので、審査結果に差が出てきます。条件は優先される項目と、そうでないものに分かれますが、総合的な判断によって審査の結果を出し、それを利用可能額という目に見える答えとして出しています。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

お金を借りる条件は?※初めてお金を借りる方必読!関連ページ