これがお金を借りるデメリット!【失敗しないためのコツ】

お金を借りるという行為はかつてに比べて非常に一般的に利用できる金融サービスとなりました。日本ではまだまだ一般的ではありませんが、海外ではクレジット契約などを使用して収入以上の生活を送るという生活様式はそれほど珍しいものではありません。しかしカードローンをはじめとする手軽に契約が出来て現金を引き出すことのできる数々の金融サービスの台頭により、日本も徐々にその様なクレジットが前提の社会になりつつあると言えます。この様な生活様式にはリスクもデメリットもあるのです。お金を借りるということ自体は悪いことではありませんが、それが当たり前になってしまうと中々元の生活には戻れなくなってしまいます。お金を借りる生活が当たり前になってしまうというリスクがそこにあるのです。またお金を借りるという行為には貸し手に何らかの利益が存在することを意味します。カードローンの場合には年率5~15%程度の金利がかかるのが一般的であり、計画的に利用数rのであればまだしも、考えなしに利用する習慣が付くと大きなデメリットになることも少なくないのです。この様な金融サービスは返済計画が不要であり、毎月定額、あるいは定率で時間をかけて返済すれば良いという仕組みが採用されているケースが多くなっています。これは少しでも多くの利息を得るための仕組みでもあり、返す側からしても毎月の負担が少なくなるという事情から返済を先延ばしにしがちです。これは一見メリットの様に見えますが、返済総額が多くなるリスクを孕んでいるものであり、デメリットに数えるべき仕組みなのです。基本的に、お金を借りるリスクやデメリットはありません。お金の融資に関しては社会的にも一般的となっており、一般的な消費者が利用することができる少額融資では法律でその融資の上限に関して制限がありますので、リスクなど存在しないのです。社会の中でお金を借りるということは、目的を達成するための投資として解釈されています。例えば、企業が銀行からお金を借りてもそのお金は事業を拡大するために使われることになりますし、一般人が住宅を購入するためにローンを組むことはごく自然なことであり、社会的には無くてはならないものになっていると言っても過言ではありません。融資を借りるときに考えなくてはいけないのは、それに伴うリスクやデメリットなどではなく、借りたお金をどのような目的のために利用するのかということです。消費者が少額融資のサービスを利用するときでも同じで、目的の範囲内で利用することに関してはデメリットはありません。これは、実際に少額融資に適用される法律を見ればすぐにわかります。少額融資でお金を借りるときには大手の金融機関とは違う法律が適用されることになるため、より安全性が担保された融資を受けることが出来るのです。こうした法律のことを貸金業法と言います。少額融資の全ての融資に関して当てはまりますが、このような法律のもとで融資を受けるということは、法律によって融資を受ける者の権利が守られているということなので、安心して利用して良いのです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

これがお金を借りるデメリット!【失敗しないためのコツ】関連ページ