お金を借りるのに実印・印鑑証明は不要?必要になる3つのケース

金融機関からお金をかりる場合には印鑑が必要と考えている方も多いようですね。

 

ですが、実印や印鑑証明どころか印鑑がなくてもお金を借りることができます。

 

ただ、お金を借りる条件によっては印鑑(実印/銀行印など)や印鑑証明が必要になるケースもあるので注意が必要です。
外出先や、急いでいるタイミングでは、すぐに印鑑や印鑑証明が用意できないことも多いですからね。

 

実印・印鑑証明なしでお金を借りる方法、契約時に印鑑証明などが必要になるケースについてまとめました。

 

 

カードローンの契約には実印・印鑑証明は不要

 

お金を借りる方法にはいくつかありますが、成人していて安定した収入があれば申込ができるカードローンは多くの方が利用している方法の1つです。

 

実は、カードローンの契約で実印や印鑑証明を準備しなくてはいけないケースはほぼないのです。

 

大手の消費者金融であるアイフル、アコム、プロミスで契約に必要になるものを見てみましょう。

 

カードローンの契約に必要なもの

アイフルで必要になるもの
  • 顔写真つきの本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなど)
  • 収入証明書類(源泉徴収票など)
⇒アイフルについて詳しくはコチラ

 

アコムで必要になるもの
  • 顔写真つきの本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなど)
  • 収入証明書(源泉徴収票、給与明細など)
⇒アコムについて詳しくはコチラ

 

プロミスで必要になるもの
  • 運転免許証
  • 収入証明書類
⇒プロミスについて詳しくはコチラ

 

運転免許証を持っていない場合などの対応は、金融機関によって異なることもあります。
ですが、各社共通して

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書類

の2種類があれば申込み、契約の手続きを行えるのです。

 

 

お金を借りる際に印鑑・印鑑証明が必要になる3つのケース

基本的には、運転免許証などの本人確認書類と収入証明書類があればお金を借りることができます。
ただし、次の3つのケースでは印鑑、印鑑証明が必要になります。

 

運転免許証に記載された住所と現住所が異なる場合

印鑑証明などが必要

引っ越しをして、運転免許証に記載されている住所が現住所と異なることもありますよね?

 

その場合には、運転免許証のほかに現住所を確認できる別の書類を提出しなくてはいけません。
別の書類の1つとして有効なのが印鑑登録証明書(発行日より6ヶ月以内などの条件あり)で、他には住民票、健康保険証なども利用できます。

 

銀行カードローンで銀行口座を開設する場合

印鑑が必要

銀行カードローンの中には、その銀行の口座を持っていないと契約ができないものもあります。
カードローンと同時に銀行口座の開設ができるケースがほとんどですが、郵送での手続きが発生する場合には押印が必要になることもあるのです。

 

ただし、ここでの印鑑は銀行印なので、実印を使う必要はありません。

 

カードローンで口座振替による返済を希望する場合

印鑑が必要

カードローンでの借入金額の返済は、ATMや銀行振込のほか、口座振替で行うこともできます。
口座振替で返済するには「口座振替依頼書」を送らなくてはいけないため、ここで印鑑(銀行印)が必要になります。

 

口座振替依頼書のフォーマットは金融機関によって異なるので、再提出にならないように正しい銀行印か郵送する前にチェックしましょう。

 

※ 楽天銀行のように銀行への届出印がないケースもあります。

 

住宅ローンや自動車ローンなどの高額融資の契約には実印などが必要?

カードローンに関しては、実印、印鑑証明書は不要で契約が可能です。

 

ですが、住宅ローンや自動車ローンなど、融資金額が高額になるケースにおいては実印などが必要になります。

 

 

印鑑証明書でも申込ができるカードローンってある?

カードローンでは、運転免許証などの顔写真付きの本人確認書類、収入証明書類があれば申込みができます。

 

顔写真つきの本人確認書類がない場合には、別の書類とあわせての申込みが必要になります。
印鑑証明書で申込ができるカードローンは少ないですが、みずほ銀行カードローンの場合には次のいずれか1通を本人確認書類として利用できます。

 

  • 運転免許証 ※1
  • 運転経歴証明書 ※1、2
  • パスポート(写真および、住所のページ)
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 印鑑証明書 ※3
  • 住民票 ※3
  • 特別永住者証明書 ※1、4
  • 在留カード ※1

 

※  本人確認書類には氏名、住所、および生年月日の記載が必要
※  外国人の方は、永住許可を受けていることが確認できる書類も必要
※1 変更事項がある場合は両面
※2 2012年3月31日以前の発行分は本人確認書類としての利用は不可
※3 発行後3ヵ月以内のもの
※4 外国人登録証明書は一定期間、特別永住者証明書とみなされます

 

お金借りる 印鑑証明

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

お金を借りるのに実印・印鑑証明は不要?必要になる3つのケース関連ページ